☆野草のように~2☆

色々・・・\(^∇^)/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

モネの庭へ 2 

高知へ行く前に車で行こうか電車でと検討
高速だとトンネルばかりで景色を楽しむ事が出来ないし
今回は、のんびり電車でとなりました。
新倉敷から岡山を経由して岡山→御免→土佐くろしお鉄道で奈半利までの約一時間
車窓から見る景色を期待して乗りましたが、雨がポツポツ・・・・えぇ~~雨がだ(××)
太平洋側の景色も雨が酷くなり見る事が出来なかったのですが
電車で3人のお婆ちゃん達と知り合いになりぺちゃくちゃと話をしている間に奈半利へ到着・・雨が止んでいます。ラッキー!”
ここから北川村営バスでモネの庭へ
運転手さんが気さくな人で色々観光案内を・・・
モネの庭近くにイノシシを飼っている所へ野生のサルがやってきてイノシシの背中に乗って遊んでいたとか。
この場所はゆっくりバスを走らせてイノシシを見せてくださいました。
安芸ドーム これはなんと阪神のキャンプ地で電車まで阪神でした。
tosa

モネの庭
水の庭 光の庭 花の庭 3つの庭がありモネが好んで描いた"睡蓮の庭"があります。
****************************************************
かつて北川村ではこの地を工業団地のため誘致を進めていました。
一転し、自然環境を生かした庭園にしようと画家モネの「ジヴェルニーの庭」再現1990年代の事です。
画家クロード・モネの想いを、高知の自然の中で再現したのが、こちらの「北川村モネの庭 マルモッタン」
実際のジヴェルニーという土地は、フランス・パリの西80キロにあるといいます。
この北川村の職員がジヴェルニーのモネの庭で研修したり、苗を頂いて育てたり、
睡蓮の株分けをしたりしてフランスの庭にも劣らぬ庭を造ろうと努力を重ねてモネはシヴェルニーの庭を
生きたキャンバスとして、自然が織りなす様々な光と色を描いたそうです。
******************************************************
スライドショーに纏めました。
蝶は、身近に見ている蝶より一回り大きく白い一重のバラも私の手の平位ある花でした。
暖かい高知だからなか?


帰りは高知まで行き御土産を買い 可愛いアンパンマン列車(南風)で岡山まで
可愛い列車 小さいお子様だと喜ぶでしょうね。パシャリ!”
anpanman
綺麗な夕陽も見ることが出来ました。
yuuhi
さすがに車窓からの景色とか人の多い所では60Dは使えなくてPowerShotを使いました。


さっき前日の記事を見てビックリ!
計算間違えしているではないか??(××)
何を計算したのかと慌てて直しました。
見られ方笑ってください。・・・・冷や汗
ヤレヤレ(-_-;)
スポンサーサイト
thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

この記事に対するコメント

karinさん こんにちは~♪

またワクワクルンルンの休日でしたね(^_-)-☆

お花がいっぱいのモネの庭をお散歩してきました。
水面に映る木々やスイレンが素敵ね。
大きな蝶も見たし沢山のお花に私もワクワクしなが歩きましたよ(*^_^*)

ケイコ #VeThaSEI | URL | 2011/06/09 16:45 * edit *

☆ケイコさんへ

こんばんは
モネの庭はず~~と前から行きたかったのですが
遠いので・・・・今になってしまいました。
水練の池では先客カメラマンの人が居て3箇所程写したい処は入れなくて時間を空けて行ってみても駄目
お花も風景も大満足でしたが
少し心残りで帰って来ました。

電車の旅も又楽しいので又何処へ

コメント
ありがとう!”


karin #Vhn8oodI | URL | 2011/06/09 21:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。